スマホ対応・低価格ホームページ制作

K-OFFICE

HTML5とは?

ウェブページを作る言語としては、HTMLやXHTMLが使われています。では、最近よく目にする「HTML5」って何でしょうか?

次世代のHTML

HTML5は、現在のウェブ上で広く使われている「HTML4」や「XHTML1」の後継となる新しいHTMLです。まだ仕様は確定していませんが、主要なブラウザでの対応は始まっていて、既にHTML5で記述されたウェブサイトも増えてきています。

「別の言語」ではなく、「改善され・便利になったHTML」

HTML5は、「まったく新しい言語」というわけではありません。基本的には「従来のHTML・XHTMLに、便利な機能を加えた言語」だと言えます。(加えただけでなく、変更・廃止された仕様もあります)

HTML5を使うメリット

  1. 新しい標準 主なブラウザはどれもHTML5への対応をどんどん進めています。HTML5は、間違いなく「これからのウェブページを作る標準」になります。
  2. ブラウザ間の違いを低減HTML5ではブラウザの動作についても定義されているため、HTML5に準拠したブラウザ間であれば、描画や動作の差異が小さくなることが期待できます。また、古いブラウザで閲覧された場合の互換性も考慮されていますので、安心して活用できます。
  3. 便利な機能がたくさん!HTML5で改善・追加された新機能がたくさんあります。
    • 映像・音声を再生・制御できる
    • ■video機能でプラグイン(Flash)無しでビデオの再生が可能となります。

    • 画像を使わずに図形や絵を描画できる
    • ■canvas機能で綺麗なグラフが作れます。

      ※ご利用のブラウザでは再生することができません。

    • HTML5では、SVGファイルを読み込んで表示させることがでる
    • JPEGファイルはドット(点)の集合で作成されているため拡大すると、ぼけて(劣化)しまいます。一方SVGファイルはXMLコード(数値、文字)で作成されているため、どんなに拡大しても、ぼけることがありません。画像をクリックして拡大・縮小し、確認ください。

  1. 見た目の問題だけではない 見た目に直接関係しない部分の仕様も改善されており、コンテンツに対して適切に意味を付加できるようになっています。その点は、検索エンジンなどのような「人間以外の閲覧者」に対しても適切に意味を伝えることに役立ちます。また、モバイル端末や音声ブラウザなど、(一般のPC用ブラウザ以外の)様々な機器でもうまく閲覧できるようにすることに役立ちます。

これからの標準は、HTML5

HTML5はブラウザ側の実装が完全ではありませんし、 HTML5そのものがまだ策定中でどんどん変更・改良が行われています。しかし、HTML5が今後のウェブ制作の標準になることは間違いありませんし、代表的なブラウザがHTML5への対応度を高めていくことも間違いありません。

IE9ではテキストに影(ドロップシャドウ)を付けるtext-shadowがサポートされておらずIEだけが出遅れて不満でしたが、IE10ではサポートされ、IEも本格対応を進めているようですね。

参考サイト:(ALLABOUT)HTML5って何? 便利な機能が増えた次世代HTML

参考サイト:(HTML5.JP)Javascript ライブラリー