マルチスクリーン対応WEB制作

K-OFFICE

静岡市清水区

054-369-3016

スクリーンショットの挿入

ウィンドウサイズのスクリーンショットを挿入します。

①スクリーンショットするアプリをアクティブにし、不要なアプリは閉じるか最小化しておく。

 

② Wordの【挿入】タブをクリック
③【スクリーンショット】をクリック
④【使用できるウィンドウ】に表示されている画像をクリック

⑤ ウィンドウサイズのスクリーンショットが挿入されます。

 

領域のスクリーンショットを挿入します。

①スクリーンショットするアプリをアクティブにし、不要なアプリは閉じるか最小化しておく。

② Wordの【挿入】タブをクリック
③【スクリーンショット】をクリック
④【画像の領域】をクリック

⑤ 対象が白っぽくなるのでマウスでドラッグして画像の領域を選択します。

⑥ 領域サイズのスクリーンショットが挿入されます。


 

スクリーンショットとはパソコンのモニター領域を画像として保存すること。または、保存した画像の呼称。「スクショ」と略して使われることもある。

WEBでぶら下げインデントの設定

スクリーン幅の狭いスマホ表示では、タイトルが長いと折り返される事があります。下図のようにタイトルの行頭にアイコンを使用している場合は、1行目の文字の始まりと2行目の文字の始まりにズレが発生します。

 

CSSで以下の設定をすると2行目以降の文字を1.2文字下げることができます。
h2{
text-indent: -1.2em;
padding-left: 1.2em;
}

 

 

Excelで平方根の計算

◆ Excelでべき乗の計算をするには

52 は =5^2 (解25)

 

◆ 平方根の計算は

√5 は =5^(1/2) (解2.236068)

 

◆ 立方根の計算は

3√5 は =5^(1/3) (解1.709976)

 

ちなみに『^』算術演算子(キャレット)は右上のBack Spaceキーの2個左「へ・^・~」キーです。

 

ダミーのテキストの入力

Wordの練習で文字列の中に図を挿入し、【文字列の折り返し】を説明する時などに、ダミーのテキスト(サンプル文書)が必要になるときがあります。そのような時には瞬時にダミーテキストを入力する方法があります。

=rand() と半角で入力しEnterキーを押すと以下の文書が入力されます。

半角数字を漢数字で表示する

【表示形式の設定】により半角数字を漢数字で表示する方法です。

[DBNum1]0   ⇒  一二三〇〇
[DBNum2]0   ⇒  壱弐参〇〇
[DBNum1]G/標準 ⇒  一万二千三百
[DBNum2]G/標準 ⇒  壱萬弐阡参百

【セルの書式設定】-①【表示形式】タブ-[分類(C)】を②【ユーザー定義】に変更して、③【種類(T)】を上記の表示形式に変更し④【OK】を押すと漢数字で表示されます。

ファイルをコピーしながら開く

既存の文書を修正して、新しい文書を作ることはよくありますが、そんなとき便利なのが、ファイルをコピーしながら開く方法です。例えば、春に作った「健康診断のお知らせ」を、夏の健康診断に利用する場合は

①【開く】ダイアログボックスで「健康診断のお知らせ」を選び、
②【開く】ボタン右の▼をクリックして
③【コピーとして開く】を選択すればいい。

 

「コピー (1)健康診断のお知らせ」というファイルが作成されているので、この文書の中身を編集後、タイトルを『夏の健康診断』に変更します。

 

この機能はWord、Excel、PowerPoint共通です。

文字を拡大する

サッカー観戦の応援ボードを作るときなどWordで文字サイズを大きくしたい時があると思います。

そのような時は入力した文字を選択して左手で『Ctrl』キー押して右手で『」』キーを押します。リボンの【フォントサイズ】ボックスの数値がどんどん大きくなると思います。大きくなりすぎたら『Ctrl』キーと『「』キーを押すと小さくなります。ちなみに『「』『」』キーは『Enter』キーの左隣にあるキーです。

左の画像は文字サイズが『570』です。A4サイズで文字を中央に配置するには左インデントを『-7字』上の余白を『20mm』にすると中央に配置できます。

【フォントサイズ】ボックスでのフォントサイズは、8~72pt(ポイント)までしか選択できませんが、数値を入力する事により、最大1638ptまで大きくできます。
リボンの【フォントサイズ】ボックスをクリックし、直接数字を入力して『Enter』キーで確定します。

備忘録を整理します

Word、Excelの便利な機能も使用頻度が高い場合は繰り返し使っているうちに身について使いこなすことができるようになりますが、年に数回しか使わないと身につかず忘れてしまいます。

そのため備忘録として書き溜めて置き、問題が発生し解決策が解らない時に参考にしておりましたが、今はネットでググれば簡単に発見できます。WordPressのphpやhtml/cssなどやり方を思い出せない時などには良く活用して助かっております。

ですから今回の備忘録は問題の解決策を探すというよりは、タイトルを見て『こんなことが出来る』という事を知っていただき、活用できるタイトルがあったら、そのスキルをマスターして日常の作業に活用していただければと思います。

範囲はMS OFFICEとWEBのhtml/CSS関係です。

SEO初期目標達成

SEO対策の初期目標である『ベスト10』入りを『ホームページ制作』サイトが4か月、『ワードプレス制作』サイトが2か月で達成中です。

 ☆『ホームページ制作』サイト(H23.10.1開設) https://koffice-hp.com
   ■「低価格ホームページ制作」…… 3位/300万件
   ■「低料金ホームページ制作」…… 3位/180万件
   ■「低コストホームページ制作」……2位/190万件
   ■「ホームページ制作 低価格」…… 8位/1500万件

 ☆『ワードプレス制作』サイト(H23.12.1開設) https://wp.koffice-hp.com
   ■「低価格WordPress制作」 …… 1位/44万件
   ■「低価格ワードプレス制作」…… 1位/50万件

『ワードプレス制作』サイトはgoogle、Yahoo、bingとも1位ですが、『ホームページ制作』サイトはbingは表示されません。データベースには入っていますが、何らかの理由でフィルターが掛けられております。

SEO対策はその結果を完全に保証できないため、弊社のWEB制作の特長としてアピールしておりませんが、WEB制作会社として必要なSEOのスキルは実証できていると考えております。

WordPressサイト1位

久しぶりに『検索順位.com』で検索ランクを調べてみました。WordPressサイトをキーワード「低価格WordPress制作」で検索するとYahoo、Googleとも1位/50万、「低価格ワードプレス制作」でともに4位となっています。Bingはともに圏外と表示されますが、実際に検索すると「低価格ワードプレス制作」は圏外ですが、「低価格WordPress制作」は1位と表示されます。

Bingは以前より不思議な事象が発生しています。『検索順位.com』で、『ホームページ制作』サイトをキーワード「低価格ホームページ制作」で検索すると、時々1位表示されます。コンスタントでなく圏外か1位の不安定な状態です。1位の時、実際に検索すると圏外となりまったく表示されません。Bingのウェブマスターツールに登録してみました。変化があるか暫く要観察です。

『ホームページ制作』サイトは30位前後まで下落しました。戦略の練り直しです。